2018年 玄達瀬(6/16〜8/15) 釣果

注意事項

  • 出船確認、出港時間の確認は、前日の19:30ごろ必ずご連絡ください。19:00発表の予報で決定します。
  • 出港30分前に集合、15分前に釣り座を決めます。遠方の方は時間に余裕をもってお越しください。乗船場はこちらをご覧ください。
  • 乗合の釣り座はグループごとにくじ引きで決めます。ただしキャスティングがメインとなるような場合はローテーションしていただきます。
  • 玄達瀬では根魚狙いは条例で禁止されております。違法行為なので根魚タックルの持ち込みはご遠慮ください。
  • 状況次第でキャスティングも可能です。ごく稀に青物が表層にしかいないときがあり、そのような場合トップに分があります。
  • キャスティングメインでお考えの方は仕立でお願いします。
  • キャスティングは特に周囲の安全を十分確認してから行ってください。怪我や事故に対する責任は負いかねますのでご注意ください。
  • 船にクーラーBOXの用意はしておりません。クーラーBOXと氷は各自ご用意お願いします。
  • 飲み物は十分に持ってきてください。夏季は2Lのペットボトル2本は必要です。
  • 当船ではライフジャケット着用していただいております。自動膨張式のものを用意しておりますのでご協力お願いします。
  • 出来る範囲で結構ですので荷物は少なめに、ご協力お願いします。
  • キャンセル料は7日前から半額、3日前から全額発生します。乗合便の人数減や、遅刻により未乗船もキャンセル扱いになります。
  • 乗船時間は基本、早朝から夕方までです。詳しくはこちらをご覧ください。
  • 玄達期間中は近海の釣行は行っておりません。ご希望の方は8月16日以降にご利用ください。

タックルについて

  • 玄達瀬では大物によるラインブレイク、フックのび多発しています。万全のタックルで。
  • ブリ用タックルには不意のヒラマサのことや、オマツリ防止のためPE4号以上で。高強度のPEがベストです。
  • ドラグ調整も忘れずに。ドラグが緩いと無駄にオマツリしますので極力走らせないでください。
  • ヒラマサ用タックルには20kg超を考慮してPE5号以上推奨。リーダーはフロロ推奨
  • ラインシステムも万全にお願いします。ヒラマサ用のレンタルタックルも用意しております。
  • ライトタックルは不可。ファイト時間やオマツリ、回収時間がかかり、他のお客様に迷惑をかけることになります。
  • オマツリの原因となるエビング、オマツリすると大変なジギングサビキ、青物狙いなのでタイラバもご遠慮ください。
  • 玄達では終始大型青物を狙っていきますので、それに耐えうるタックルで挑んでください。

シマノ探見丸をお持ちの方はご利用ください。取付金具は8ヵ所ついております。
無料アプリを入れればスマホでも見れます→http://fishing.shimano.co.jp/tool/tankenmaru_smart/
竿受け(第一精工スーパーラーク)8個完備
電動リール電源 8ヵ所完備
船電源について注意書きのある機種は希に船電源で正常に動作しないことがあります。
現在確認できているのは
シーボーグMJシリーズです。使用される方はバッテリーをご持参ください。

2018年玄達瀬ジギング 6月16日〜8月15日

 (5時出港、15時帰港(14時上がり)乗合は1人15,000円です)


6月17日(金) 水温:18.7〜20.3℃

玄達瀬ジギング便

ブリ   4本
メジロ(ワラサ)   2本
※カウントもれが多いので実際はもう少し多いと思いますf(^^;)

昨日は中止で今日が今シーズン最初の玄達

朝一プチ鳥山あり、メジロからスタート。
ヒラマサも並行狙っていきましたが鰤、メジロ。
ダブルヒットも2回ありましたがバレてしまい苦戦。
日中2時間の時合いがありましたが、ジグを追うだけで食わず、ようやく食ったかと思えばバラシ…
最後に鰤キャッチと上手くいかない一日でした。
潮はW 0.7ノット。潮の向きが良くなれば…

一日お疲れ様でしたm(_ _)m

写真撮影ご協力ありがとうございましたm(_ _)m


HOME